愛用しているユニボールシグノRT1の全10色カラー比較!

ある時、使っていたボールペンがインク切れを起こしたので、せっかくだからもっと使いやすいペンを探そうと思って近くの文具店に行きました。

ボールペン売り場で片っ端からボールペンの試し書きをすること数分。
突然訪れた運命の出会い。

それがこのユニボール シグノ RT1(0.38mm)でした。

その時は他のペンもたくさん試し書きしたのですが、圧倒的にこのペンが気に入り、その場でブラックを購入しました。

しかしそのスルスルとした書き心地と細身ながら握りやすいグリップにすっかり魅了され、最終的に全10カラーを揃えることに。
結果、普段の生活で最も使用しているボールペンがユニボール シグノ RT1になりました。

そこで!せっかく全カラーを持っているので、紙に書いてカラーを比較してみたいと思います。

ユニボール シグノ RT1のカラー比較

今回は3枚の紙に書いてみました。

出来るだけ目で見た色に近い画像を載せるように心がけていますが、お使いのパソコンやスマートフォンの設定、ディスプレイの違いなどによって色の見え方が異なる場合がありますのでご注意ください。

1、無印良品のノート

もはや定番無印良品のノート!
シンプルだけど見やすくて書きやすい安定感のあるノートです。
よく見ると紙の色が少しクリーム色っぽいですね。

どのカラーも特に見にくいということもなく、きれいに発色しています。

特にブルーブラックは色が結構濃いため書いたときに文字がくっきり見えるので、勉強でノートを取るときにも使えそうです。
赤と青もきれいに見えます。

2、セリアのメモ帳(クラフトブロックメモ)

100均のセリアで購入したメモ帳(クラフトブロックメモ・500枚入り)にも書いてみました。

意外とどのカラーでも判読できますね。
ただオレンジ・ライムグリーン・ライトブルーが遠くから見たらやや見にくいかな?と感じるかもしれません。

このメモだと黒のほかに青とブルーブラックも文字がくっきり見えるので、メモを取るときに相性が良さそうです。

3、白画用紙

ボールペンで画用紙に文字を書くことはなかなか無いかもしれませんが、白い紙の参考として。

全カラーくっきりはっきり発色していますね。
個人的にはライムグリーンが画像で見るよりも実際だともうちょっと明るめでかわいい発色だと思います。
あとオレンジもポップな感じで元気が出るカラーです。

まとめ

いかがでしたか?
紙の色や質感によって書いたときに雰囲気が変わるのもカラーペンの楽しい所ですね。

ユニボール シグノ RT1は全10色あるので、ぜひお気に入りのカラーを探してみてください。
私は手帳やカレンダーに書くに色分けして使っていますがとても便利です。

なお今回ご紹介したユニボール シグノ RT1は線の細さが0.38mmのものですが、このほかに0.28mmと0.5mmもありますので、用途に合わせてベストな1本を選んでみてはいかがでしょうか。