ステープラー(stapler)って何だ?と思ったらよく知っているアレのことでした

突然ですが皆様はステープラー(stapler)ってご存知ですか?
恥ずかしながら私は全く知りませんでした。

私は最近ステープラーという単語を知ったのですが、ステープラーがどうも文房具らしいということを知ったんです。
そこで調べてみたんですが、かなり驚きました。

まさかあれがステープラーだったなんて……。

ステープラー(stapler)の正体、それは

そう!ホッチキスのことなんです!

そもそもホッチキスの正式名称はステープラー(stapler)なのですが、ホッチキスという商品名がみんなに浸透し、みんながホッチキスと言っているうちに一般名称化しちゃったみたいです。

私は子供のころに学校でホッチキスを結構使っていたと思うのですが、その時には同級生も先生もみんなホッチキスと言っていたので、あれはホッチキスというものなんだと思っていました。

ホッチキスの歴史、奥深いですね。

あとホッチキスといえば、むかし芯の背中のところをマーカーとかで塗ってカラフルにしたり、絵を描いた芯を友達と交換したりしませんでしたか?

いま急に思い出したんですけど、そういうコミュニケーションツールとしても役立つくらいホッチキスってみんな持ってる身近な存在でしたよね。
なんだか歳がばれそうな話でもありますが。

進化するステープラー

最近はプライベートでも仕事でもすべてがデジタル化しているため紙はほとんど使いません。
そのためか、私もステープラー(ホッチキス)をここ最近は見かけていませんでした。

昔は資料のコピーとかを止めるのに使ったりしましたけど、今はデータが多いですもんね。
会議とかでたまに資料が止められているのを目にするぐらいでちょっと寂しいです。

しかしそんな中、ホッチキスも色々進化しているということを知りました。
中でも私が今一番欲しいのがコクヨの針なしステープラー、ハリナックスプレス!

針を使わず、穴も開けずに紙を圧着してとじるそうです。楽しそう。
針なしホッチキスは穴をあけてとめるタイプは知っていたんですが、少し大きめの穴が開くので細々したものをとめるのは向いてないと聞いていたんです。

でも穴が開かないんなら使ってみたいなぁ……。

まとめ

ということでステープラーのお話でした!
もしかして知らなかったのは私だけなのかもしれないんですけど、もし今まで知らなかった!という方がいらっしゃったら、驚きを共有出来ればうれしいです。

これから先もまだまだすごいステープラーが生まれるんでしょうし、進化が楽しみですね。