どんな場所でも頼りになるキャップ式ボールペンユニボールシグノ極細の使い心地は?

私が主に愛用しているボールペンはユニボールシグノRT1(0.38mm)なのですが、他にもシグノシリーズのゲルインクボールペンを持っています。それがこちら!

ユニボール シグノ 極細(0.38mm)黒です!ザ・ボールペン!って感じのデザインでどんな過酷な現場でも対応してくれそうな頼りになる雰囲気がある1本です。

ユニボール シグノ 極細シリーズとは?

ユニボール シグノ 極細シリーズは、顔料インクを採用したボールペンです。独自のゲルインキを使っているので文字がにじみにくく、あまり筆圧がなくても滑らかに書けるのが特徴です。私が持っているのは0.38mmですが、その他に超極細0.28mmと0.5mmもあります。カラーバリエーションも豊富で、売り場で見ているだけでも楽しいです。

ユニボールシグノRT1との違いは?

ノック式のRT1との最大の違いは、ユニボール シグノ 極細シリーズはキャップ式だということだと思います。しかしキャップは軸の後ろにはめ込むことができるので、書いているときに邪魔になりません。あとは軸のデザインの違いからか、握り心地が少し違います。この辺は手の大きさや好みにもよるので実際に持ってみてしっくりくるか確認してみてください。

実際に書いてみました。

ということで今回も実際に書いてみました!滑らかに書けます。線が細めですが掠れることなくしっかり書けるので見にくいということもなく、ビジネスでもプライべートでも使いやすいボールペンだと思います。

RT1との比較

折角なのでシグノRT1(0.38mm)でも書いてみました。一見違いはありませんが、どことなくRT1のほうが細いような気がしてきます。しかしこれはRT1が細いのではなく、2本の書き心地の違いが線の細さに表れているのだと思います。

表現しにくいのですが、ユニボール シグノ 極細(0.38mm)はスルっと書いている中に「ボールペンでしっかり字を書いている」というような「しっかり感」があります。ちょっと重い感じと言えばいいのでしょうか。
一方、ユニボール シグノ RT1(0.38mm)のほうはスルスルと軽い書き心地で、筆圧をかけなくてもさっと書けてしまいます。そのため少し文字が細くなるのだと思います。

わずかな違いですし、どちらのほうが書きやすいかは好みや用途にもよると思いますので、一概にどっちがいいかは決められません。私の場合は書類などに記入するなら極細、メモを取るならRT1、という感じで使い分けています。

まとめ

ということでユニボール シグノ 極細(0.38mm)の使い心地でした!同じシリーズでも使い心地が違ったりするのが文房具の面白いところですね。シグノは他にもパステルカラーとか出てるので、いつか購入したいです。