万年筆でも裏抜けしにくい!セリアのクラフトブロックメモ(500枚入り)が優秀

最近プチプラ万年筆を愛用しているんですが、太字が好きなせいか、紙とインクの相性が合わないと文字が裏抜け祭りになって下の紙にまだら模様ができるようになりました。無念。
そこで裏抜けしない紙を色々と探していたんですが、まさかの100均アイテムで裏抜けしにくい紙を見つけました!

それがセリアのクラフトブロックメモ(500枚入り)です!

ナチュラルでオシャレなクラフトメモが500枚入りで100円です。お安い。

セリアのクラフトブロックメモとは?

セリアのクラフトブロックメモは、上部が繋がっていて一枚一枚剥がして使っていくタイプのメモで、いくつか特徴があります。

紙の厚さが薄い

最初はその紙の薄さに驚きました。
メモ帳は基本的にどれも紙が薄いものですが、その中でも薄めかもしれない、という印象でした。
しかし文字を書くにあたって特に不自由な感じはなく、すらすらと書けるので非常に使いやすいメモだと思っています。

紙の色が濃いのでメモした時にオシャレ

真っ白なメモも文字が見やすくていいのですが、セリアのクラフトブロックメモは紙の色が濃いので文字を読んでいても目が疲れにくく、紙の色との兼ね合いで文字がオシャレに見えます。
プライベート用だけどちょっとおしゃれなメモが欲しいという場合にとても向いていると思います。

万年筆で書いてもほぼ裏抜けしない

そして私にとって一番驚きだったのが、万年筆で書いても裏抜けしにくいということです。
もちろん筆圧強めでグリグリ書いたりインクをダボダボ垂らすと裏抜けします。しかし普通にメモを取るだけならほとんど裏抜けしません。

こちらが実際にセリアのクラフトブロックメモに万年筆で文字を書いてみた画像です。
ちょっと暗めに写っていますが、一番上がカクノ(kakuno)のMにパイロットのブルーブラックで書いた文字、真ん中がプレピー(preppy)の05にプラチナのブルーブラックを入れて書いた文字、一番下がボールペンであるユニボール シグノ RT1のブラックで書いた文字です。

特に何も考えず普通にメモを取るように書いてみました。この紙を裏返してみると……。

こうなります。
写真では見づらいかもしれませんが、裏抜けしていないのが確認できると思います。
濃く丸を書いたところが少し危ないですが、おそらくメモを取るときにこれ以上インクを染み込ませることはないと思うので、個人的には問題ないと判断しています。

ただメモを取るときにめっちゃ紙をグリグリする癖があるという人は裏抜けしちゃうと思いますので、その時はごめんなさい。

まとめ

セリアのクラフトブロックメモ(500枚入り)はおしゃれで経済的で万年筆の使用にもある程度耐えられる素敵なメモだと思います。
これからも万年筆で使うのに適した紙を求めて、いろいろ試していきたいです。