無印良品の「ふぞろいメモ帳パック」の万年筆での書き心地と再販してほしいと思う理由

皆さんは無印良品でお買い物していますか?
無印良品の商品はシンプルですが品質がいいものが多いので、一度買ったら長く使えるのも魅力ですよね。

私は無印良品が好きなので、頻繁にとまではいきませんが時間があるときによく立ち寄ります。
そんな無印良品のアイテムの中でも、私が特に愛用しているアイテムがあります。それがこちら!

「ふぞろいメモ帳パック」(200g)です!
このメモ帳、無印良品の商品を作っている工場で出るメモ帳の切れ端をどどーんと200g集めてパックにした商品で、厚さは約3.6cmくらいあります。

たくさん入っててこのお値段!素敵!なのに……現在販売されていないんです。
無印良品さん、どうしてなんですか?!

当然何か理由があってのことだとは思うんですが……。
工場でメモ帳の切れ端が出なくなったのかな?
しかしこれが予備でとってあるラスト1パックなので、可能なら再販してほしいのです。

私が「ふぞろいメモ帳パック」を再販してほしいと思う理由

私がふぞろいメモ帳パックを再販してほしいと思う理由は、お値段がお安くてお得だからというだけではありません。
メモとして書き心地がとてもいいんです。
その書き心地がいいと思う理由をご紹介します。

理由1.万年筆で書いても裏抜けしない

万年筆を使ってメモを取ろうと思ったときに相性の悪いメモを使ってしまうと、滲んだり、紙が毛羽立って書きにくかったり、インクが裏抜けして裏側の紙が大惨事になったりします。

そのため万年筆で書いても裏抜けしないメモを探すようになったのですが、このふぞろいメモ帳パックのメモはまさに条件にぴったり。
万年筆でもヌルっと書けるので、とても重宝しているんです。

例えばこちらがプレピー05のブルーブラックで文字を書いたふぞろいメモ帳パックのメモです。
紙の毛羽立ちもなく、滲みもありません。

そしてこちらが文字を書いたメモの裏面です。
けっこうしっかりインクでぐりぐり円を描いたのにも関わらず、裏抜けしていません。神か。
ちょっと良いノートでも裏抜けしやすい紙はありますから、こういったメモ帳で裏抜けしない紙質なのは本当にありがたいです。

理由2.文字が見やすい紙の色


ふぞろいメモ帳パックのメモに、濃いクリーム色の紙が使用されています。
このカラーのおかげで、文字を読み返すときにとても見やすいという特徴があります。

私はメモに小さくびっしり文字を書き込んでしまう癖があるので、目に優しいカラーはとてもありがたいです。

特に現在はメモを取るときにブルーブラックまたはブラックの万年筆インクを使用することが多いのですが、こういった濃いカラーとの相性が非常にいいことも再販してほしいと思う理由です。

まとめ

ということで無印良品の「ふぞろいメモ帳パック」の書き心地と再販してほしいと思う理由でした。
滲みも毛羽立ちも裏抜けもないって本当に最高だと思うので、再販を本気で待っています。