ムーミンの万年筆を買いました!感想と書き心地は?

皆さんは「ムーミン谷の彗星」というお話をご存知ですか?

ムーミンらしい哲学がありつつ、冒険あり、友情あり、恋愛あり、家族愛ありの独特で素敵なお話なんですが、私はこのアニメバージョンを小学生の時に見てからムーミンがとても好きになりました。

その結果、三つ子の魂百までではないですけど、血潮がね、滾っちゃったんですよ。

ムーミンの万年筆、買ってしまいました!!

ムーミンの万年筆、その中身とは?!

軸に貼ってあるシールには「Produced by Gakken」と書いてあります。
ということは学研独自の万年筆なのかな?と私は最初思っていましたが、それは違いました。

ムーミン万年筆は、おそらくみんな大好きプラチナ万年筆 プレピーの03(細字)のムーミンデザインバージョンなのではないでしょうか。

おそらくというのは商品に明記されていないからですが、フォルムから中身まで全部同じなので可能性は高いと思います。

外見のフォルムもペン先もプレピーと一緒!

左がムーミン万年筆、右がプレピー(赤/旧型、PPQ-200)のペン先ですが、パッと見ただけだと一緒です。

キャップや軸のフォルムも一緒なので、学研とコラボしてプレピーのデザインをかわいらしくムーミン仕様にしたのがムーミン万年筆、ということではないかと推測しています。

対応するカートリッジインキは?

対応しているカートリッジインキはプラチナ万年筆専用インクのSPN-100AとSPSQ-400です。
これもプレピーと一緒ですね。

軸のシールにある注意書きにはインクの色を変更しないようにと書かれていますが、自己責任で洗浄して変更することも可能なようです。

ただ何か不具合が起こっても学研に相談することは出来なくなるでしょうから、不安な方は最初に装着したカートリッジインキと同じものを使い続けたほうが安心できると思います。

ムーミンだけでなくミィのデザインもあり!

私が購入したのはムーミンのデザインですが、ミィのデザインもありました。
ムーミンには黒のカートリッジインキ、ミィには青のカートリッジインキが付属しています。

一緒についていた黒のカートリッジインキも悪くはないですが、軸がブルーのデザインなので購入したムーミンデザインの中身にもブルーのインクを入れようか現在悩み中です。

黒のほうが何にでも使えて便利ではあるんですが……うーん悩む。

ムーミン万年筆の書き味は?

プレピーと一緒で、カリカリ感はありますがスルっと書けます。
ムーミンが好きで万年筆に興味がある、という方は買っても損はしないと思います。

ただムーミン万年筆はプレピーより少しお値段が高めに設定されています。
そのため万年筆を試してみたいだけの場合は、普通のプレピーを買ってお試ししたほうがいいかもしれません。

ムーミン万年筆やプレピーを購入する時の注意点

万年筆は基本的にペン先のニブ(金属のところ)に個体差があるのが普通です。
そしてプレピーにもニブに個体差があることが報告されています。

その結果、個体によって少し書き心地が違うことがあるようです。

実際に私が使っているムーミン万年筆とプレピー(赤)を比較すると、プレピー(赤)のほうがややヌルっと書けます。

逆にムーミン万年筆のほうは僅かにカリカリ感が強い気がしています。
ただ書くときに影響があるほどの違いではないですし、使用には全く問題ないので、現在はそれも個性だと思ってそのまま使用しています。

まとめ

ムーミン万年筆はかわいらしさと実用性を兼ね備えた楽しいアイテムです。
ビジネスシーンで、というにはかわいらしすぎるかもしれませんが、メモを取ったり普段使いする場合には十分使えるアイテムだと思います。

あとプレピーのデザインが味気なさすぎると思ってる人にもいいかもしれません。
ムーミンがお好きな方や万年筆がお好きな方はおすすめですよ。