ダイソーのコンパス(ダイカスト製/えんぴつタイプ)を使ってみました

 ゼンタングルを描いている時に「ゼンマンダラに挑戦したい」と思ったのですが、コンパスを持っていないことに気が付きました。そのため紙コップなど丸い物のフチをなぞったりして騙し騙し描いていたんですが、思い通りの大きさの円を描きたくなったので、今回新しくコンパスを購入することにしました。
 

 そして買ってきたのがこちら!ダイソーのコンパス(ダイカスト製/えんぴつタイプ)です。下書きの円を描きたいだけなので100均で十分だと思って買ったのですが、これがなかなか使えるので重宝しています。

ダイソーのコンパス(ダイカスト製/えんぴつタイプ)の特徴


 ダイソーのコンパス(ダイカスト製/えんぴつタイプ)は、非常にシンプルなコンパスです。えんぴつを外側のほうにセットしたら準備完了。あとは頭のところを持ってくるくる回すだけです。

 なおこのコンパスの横にシャープペンシルタイプのコンパスも販売されていたのですが、今回はえんぴつタイプにしました。理由はえんぴつの予備をいくつか持っていたからです。シャープペンシルタイプだとカラー芯を使っても楽しそうですね。

ケースには名前を書き込むシール付き


 ケースの裏には名前や学年を書き込めるシールが貼ってありました。ただ最初からシールが少し斜めになっていたので、気になる場合は自分でシールを用意して貼りなおすか、直接ケースに書き込んだほうがよさそうです。
 あとコンパス本体には名前を書き込む場所がないので、お子さんが使う場合にはコンパス本体にも名前シールを貼ったほうがいいかもしれないですね。シンプルなのでデコっても楽しそうです。

実際に円を描いてみました


 ダイソーのコンパス(ダイカスト製/えんぴつタイプ)を使って、実際に円を描いてみました。久しぶりに使ったので最初は少し戸惑いましたが、慣れてくるとキレイな円が描けるようになりました。

円を描く時のコツ

 コンパスを使って円を描く時のコツは、円の中心になる足の部分を動かさない事と、えんぴつの長さを回しやすい位置に調整することです。紙が滑って足が動いてしまう時は、紙の下に別の紙を敷いたり、下敷きを敷くと改善する場合があります。えんぴつは針と同じ長さか、少し短めが描きやすいかも。この辺りは実際に書いてみて自分の描きやすい長さに随時調整してみてください。

まとめ

 ダイソーのコンパス(ダイカスト製/えんぴつタイプ)を使ってみた感想でした。見た目も機能もシンプルなコンパスですが、ちょっと下書きをしたいという用途なら実用性は十分です。セットするえんぴつを変更すれば薄い線も描けると思うので、手持ちのえんぴつと合わせていろいろ楽しんでみたいと思います。