万年筆一覧

5mm幅のマス目にプチプラ万年筆で文字を書いたらどうなるか比較してみた

万年筆は線が太く出るものも多いので、細かい文字や漢字を書く時に潰れてしまう可能性もあります。  そこで今回は、<strong>手帳でも採用されていることが多いであろう5mm幅のマス目にプチプラ万年筆で文字を書いて、文字が潰れるかどうかを比較</strong>してみました。

パイロットのブルーブラックのカートリッジインキ(12本入り)を買い足しました

カクノにパイロットのブルーブラックのカートリッジインキを差し込んで使っているのですが、私の使用頻度だとカートリッジ1本で一か月持つか持たないかという感じなので、新しく買い足すことにしました。

ペリカーノジュニア購入!でも開けたら大変なことになってました

文房具店で試し書きしたペリカーノジュニアの滑らかな書き心地と太い線が忘れられず、今回とうとう通販で購入することにしました。カラーは前から気になっていたターコイズです。

ダイソーの100円万年筆を買ってみた!太さや書き心地とは?

ダイソーの100円万年筆とは、その名の通りダイソーで販売しているプチプラ万年筆です。評判がいいと聞いていたので、一回使ってみたいと思ってダイソーで探していました。

カクノのインクを使い切ったときに同じ色のカートリッジに交換する方法

初心者入門用として根強い人気がある万年筆、カクノ(kakuno)を使い倒していたら、カートリッジのインクがなくなってしまいました。そこで今回はカクノのカートリッジを同じ色のカートリッジに交換する方法をご紹介します!

買っちゃった!プチプラ万年筆プレピー05ブルーブラックの使い心地と太さ比較!

今回ついに衝動買いしてしまったのがこちら!プレピー(preppy)05(M/中字)ブルーブラックです! プレピー03(F/細字)を持っているのに、試してみたいという欲望に勝てませんでした。

比較!プラチナとパイロットのブルーブラック(カートリッジインク)の色を比べてみました!

今回は所持しているプラチナとパイロットのブルーブラック(カートリッジ)を書いて比べてみたいと思います。 この2種類のカートリッジは比較的どこの文具店にも置いてあるので入手しやすいのも魅力です。

プレピーにプラチナ ブルーブラックのカートリッジインクを装着してみました

「ムーミン万年筆とプレピーの中身を入れ替えることって可能なの?」で入れ替えたプレピープレピー(preppy)のペン先に、プラチナ ブルーブラックのカートリッジインクを装着することにしました!方法も説明します。

ムーミン万年筆とプレピーの中身を入れ替えることって可能なの?

急に思いつきました。ムーミン万年筆とプレピーの中身って入れ替えられるのかな?と。ここでお話するムーミン万年筆とは、学研から販売されているムーミンデザインの万年筆のことです。プレピーと本体のフォルムもペン先も見た感じ同じですが、どうなのでしょうか。

万年筆カクノにコンバーター(CON-40)を取り付けてみよう!

かわいい万年筆カクノにパイロットのコンバーター(CON-40)を取り付けて好きなインクを使えるようにしてみましょう。カートリッジがすでに刺さっている場合には、最初に洗浄してきれいにすることも大切です。