比較!プラチナとパイロットのブルーブラック(カートリッジインク)の色を比べてみました!

私が最初に万年筆(カクノ)を手に入れたとき、迷ったのがインクをどの色にするか、ということでした。

もちろん使い勝手がいいのはブラック系のインクです。
お仕事でも、プライベートでも気にせず使えます。

しかしそれでは面白くない……だからと言って最初から派手な色はちょっと。

そんな時に目に飛び込んできたのがブルーブラックのインクでした。

ブルーブラックは色が変わる?!

最初、ブルーブラックって青っぽい黒色のことだと思っていました。

それもある意味正解なんですけど、万年筆用インクのブルーブラックの中には、
最初は青でどんどん黒に変化していくインクがあります。
そういったブルーブラックインクのことを「古典ブルーブラックインク」といいます。

これがブルーブラックの本当の意味なんですね。

色が変化する理由とは?

色が変化する理由をざっくり説明するとインクの成分が化学変化(酸化)して色が変わるんですけど、面白いですよね。
青いカニを茹でたら真っ赤になるみたいで。(これも酸化?が原因の一つだったはず)

このほかに染料系インクと顔料系インクがあって、染料系インクは初心者でも扱いやすいけど耐水性に難あり。
顔料系インクは耐水性は抜群ですが、詰まりやすいのでこまめなメンテナンス(洗浄)が必要になります。

今回比較するのはプラチナとパイロットのブルーブラック

今回は所持しているプラチナとパイロットのブルーブラック(カートリッジ)を書いて比べてみたいと思います。
この2種類のカートリッジは比較的どこの文具店にも置いてあるので入手しやすいのも魅力です。

なお、プラチナのブルーブラックは古典ブルーブラックインク。
パイロットのブルーブラックは染料系のインクです。

スケッチブックに書いたので紙がデコボコしているうえに文字が曲がっていますが、色はこんな感じです。

プラチナ(画像上)のほうが明るいブルーですね。
それに比べてパイロットのブルーブラック(画像下)はハッキリとした濃いブルーです。
個人的にはどちらも好きなブルーです。かわいい。

実際書いてみて見やすい色は?

ノートなどにも書いてみましたが、ちょっとしたメモならどちらでも変わりません。

ただ日記などで長めの文章を書く場合には、色の濃いパイロットのブルーブラックのほうが読み返しやすいのではないかと思いました。

しかしプラチナのブルーブラックは古典ブルーブラックインクのため、この後時間をかけて黒くなっていくはずなので時間が経てば問題ないのかもしれません。
実際に書いてから半日ぐらい置いたらちょっと濃くなっている感じがします。

まとめ

ということでブルーブラックのカートリッジインクの比較でした。
名前は同じブルーブラックでも全然色が違うので面白いですね。
このほかにもブルーブラックと名の付くインクはたくさんあるので、徐々に買い足して使ってみたいと思います。